必見!SIMカードの選び方

格安カード、SIMフリーは、たくさんの種類があるので選択に迷うと思います。格安SIMカードを選ぶにあたって、重要ポイントをいくつか紹介します。
まずは、月額使用料です。SIMフリーは500円未満のサービスから展開されていますが、料金は通信速度と通信容量によって決められています。安いプランは、通信速度もとても遅くて、重いYOU TUBEの動画などはとても見る事は難しいです。LINEやメールなどの、文字だけを送る機能であれば問題無く使う事ができます。また、安いプランは通信容量も少ないです。通信速度と同じく、YOU TUBEなどの動画であればすぐに容量制限を超えてしまい、利用できなくなる、もしくは、ますます通信速度が遅くなってしまいます。文字を送る機能のみであれば、問題無く使う事ができるので、動画やインターネットを見る事が無いユーザーには適しています。また、通信速度が速くで、通信容量もキャリアと同じ7GBまで利用できるプランを提供しているMVNOの会社もありますが、月額使用料は数千円のメニューがほとんどです。それでもキャリアよりは安いので安心です。
次に、エリアですが、どのMVNOの会社のSIMカードと契約するかによって、エリアが変わります。例えば、アメリカのSIMカードであれば、エリアがアメリカになってしまうといった具合に、docomoの回線を借りているMVNOのSIMカードはエリアがdocomoであり、auの回線を借りているMVNOのSIMカードは、auのエリアとなっています。今年はどのキャリアでも、人口カバー率はほぼ100%を達成しているので安心ですが、地下鉄やビルの奥、山の中など、微妙に異なる場合もあるので、良く調べておく事をおすすめします。ちなみに、エリアと同じく、どのキャリアの回線を借りているかによって、速度も異なってくるので、MVNOの会社やSIMのメニューだけでなく、借りている回線のキャリアについても熟知しておいたほうが安心です。
このように、SIMカードを選ぶ場合は、月額料金とその中身(通信速度と通信容量)、および、エリア等を管理しているキャリアについて、自分が重要視するものを優先し、SIMカードを選択すると良いと思います。

更新履歴